薬剤師転職で研究者になるための求人

薬剤師転職をして研究者を目指す人は、少ないとしてもその様な志を持っている人は意外にもいるのではないでしょうか。憧れのある職業として学生から目指す人はいるもの、現在の職場から転職して研究者となることは可能なのでしょうか?気になる人もいるのではないでしょうか。

 

企業の研究職で製薬会社は極めて注目されており、難病や様々な病気において新たな医薬品、治療法を確立することに大きな期待としています。そして研究開発の成果があれば社会貢献として達成感を感じることができます。そんな魅力ある職業は誰でもなれる?就職難易度はどうなの?関心を高めている方は最後までご覧くださいね!

 

薬剤師の研究職に注目!

 

  • 製薬会社の研究開発職
  •  

    薬剤師のなかでも人気のあるのが製薬会社の研究・開発職としており特に薬学生は関心を高めている人が多いようです。現在存在しないクスリの開発に取り組み、研究により新薬を世に誕生させるとした使命があります。そのため高い専門知識とスキルが求められ、研究職は薬剤師転職の場合では難関とし狭き門としています。

     

    そして大半が博士号取得者としていますので、最低でも大学院で修士号は取得しておく必要があるようです。また募集は20代~30代を対象としているところが多く、それ以降の転職となるとかなりの実績、経験キャリアがないと難しいとも言われています。

     

  • 企業の研究部門
  •  

    化粧品、食品、バイオテクノロジー関連とした幅広い業種においても企業の基礎研究から商品開発まで多種多様なテーマを扱い薬剤師として活躍することができます。いずれにしても薬剤師の研究職は若い年齢の求人・募集となっているところが多いようです。

     

  • 病院での臨床研究
  •  

    がん指導薬剤師の資格を持つ鈴木賢一氏が中心となり、全国のがん診療に携わる薬剤師に呼びかけ臨床研究を立ち上げました。そこで今後薬剤師による臨床研究が増えていく可能性があるとし、安全性を考え支持療法の有効性の検証として薬剤師が中心になって研究を進めるとしています。また薬学の研究分野を志す若手向けのセミナーなど実施しているところもありますので、注目しておきたいところでもあります

 

大手製薬会社の薬剤師研究職の魅力とは?

 

大学などの研究機関よりも年収は高く、年収1000万を超えるところもあります。そして給料だけではなく自身で研究し成果をあげることで、自社製品に反映されることに大きな魅力を感じるとしています。長い歳月をかけて研究開発した新薬が、病気で苦しんでいる患者さんに役立つとしてやりがい、達成感は大きいものとしています。

 

またそれで終わりではなく、次の研究に向けて取り組むことでモチベーションも維持することができるとしています。そのため退職する人は少なく、何らかの欠員や定年を迎えるなどとした理由により求人となります。ですので募集人数もわずかとしていますので、転職はかなり困難としているようです。

 

そこで薬剤師転職サイトを利用することをおすすめします。非公開情報を含め多くの求人数を抱えていますので、その中には薬剤師の研究職の求人情報も豊富にあるとしています。まずは募集詳細を知ることも大事とし、そこからチャレンジすることができるとしています。