専門薬剤師・認定薬剤師って何?教えて!

薬剤師の役割は医薬分業が進むなか、薬学のエキスパートとして様々な医療の現場に携わるようになり専門的な立場となる薬剤師が求められています。特定の疾病や事象についてその専門的な知識や技術を発揮することで、病気に悩む全ての人々のために貢献することができるとしています。また医薬分業に基づく医師の軽減の負担を軽くする狙いもあるとしています。

 

そこで専門薬剤師と認定薬剤師の違いは何?気になる方もいるのではないでしょうか。特に病院勤務においては重要な役割としていますので、大学病院や医療施設に就職、転職を検討している方は関心を高めているのではないでしょうか。

 

また今後専門、認定薬剤師を目指すのであれば教育体制が充実している病院はおすすめとなっています。またドラッグストアや調剤薬局においても研修制度として、資格をとるためのサポートを実施しているところもありますので注目しておきたいところでもあります。

 

専門薬剤師とは?

 

2008年から確立し始め認定薬剤師の資格を有している者が各専門分野において医薬の研鑽をして、その研究業績が評価され専門薬剤師になれます。薬剤師であれば誰もが目指せるとして医療の先端分野で医師にも意見することができ先端医療に取り組むことができるとしています。専門薬剤師になるためには通過点として、認定薬剤師を目指し日々努力し学ぶことで極めることができる資格でもあります。

 

そのため最高峰でもある専門薬剤師になるためとしてモチベーションアップすることができ、実現することでやりがいのある仕事としています。そこでどんな種類があるのか日本病院薬剤師会が認定する専門薬剤師を紹介します。

 

  • がん専門薬剤師
  •  

    がんの治療を専門とし常にがんに対する研究を行い、その有効な治療方法を探求しています。

     

  • 感染制御専門薬剤師
  •  

    感染防止の専門資格で感染症の治療に関わる薬学の部分で、その知識と技術を発揮することが求められます。

     

  • 精神科専門薬剤師
  •  

    精神病を患う患者の治療を目的としチームの一員として、治療薬などの専門分野で患者に対して適切な治療をするためのサポートを行う重要なポジションとしています。

     

  • 妊婦・授乳婦専門薬剤師
  •  

    妊娠及び授乳期の薬物療法に関し、母胎と胎児の安全に十分配慮するため高度な知識と技術が必要としています。

     

  • HIV感染症専門薬剤師
  •  

    HIV感染症の治療の中心は薬剤投与となりますので医療チームの中でも、薬剤のプロフェッショナルとして中心となって活躍することが期待できます。

 

その他日本静脈経腸栄養学会が認定しているのが、栄養サポート専門薬剤師となっています。主に輸液製剤の無菌調剤を担当し医師を始め、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師などによって構成されNSTチームの一員としています。専門薬剤師は更新制度となっていますので、医療に従事していくなかでは一生涯、勉強し続ける仕事でもあります。

 

認定薬剤師とは?

 

実務経験が5年以上、必要な講習を受けること、3ヵ月以上の指定された研修を受けることなどが義務づけられ、様々な薬学・薬剤師の機関の試験に合格して認定されます。仕事の内容は一般の病院薬剤師と変わらず通常の調剤の仕事、医療スタッフとしての仕事、服薬指導となっています。そして業務をこなしながら論文作成・学会発表で認められ、試験を通して専門薬剤師になれます。