予備校講師の薬剤師求人・募集ってどうなの?

薬剤師の仕事においては様々な業種があり患者さん、地域の方のためとして製薬会社、企業、病院、薬局、ドラッグストアなど多々あり選択肢の幅も広くあります。そして薬剤師を目指す学生のための仕事として予備校講師の薬剤師求人情報に注目している方も少なくないようです。

 

実際に国家試験に合格するために通われた方も多いかと思われますが、講師の熱い授業や教えに感謝しているという人もいるのではないでしょうか。そこで講師に憧れを持つ人もおり、資格を取得したのちにすぐに希望をする人もいるようです。またキャリア、経験を活かし、次は教える側として貢献したいと考える人もいるようです。

 

ここでは薬剤師求人・募集≪予備校講師≫で気になるところをピックアップし紹介したいと思います。現在、就職活動をしている薬学生や転職、再就職を検討している方は今後の参考としてご覧くださいね!

 

薬剤師国家試験予備校の役割

 

  1. 薬学教育支援
  2. キャリアカウンセリング(心理カウンセラー養成)
  3. MR(医薬情報担当者)認定試験対策支援
  4. 薬剤師生涯教育
  5. 一般医療支援、企業内講演(保険調剤薬局・ドラッグストア)
  6. 就職支援(学内就職セミナー)

 

高度な教育によりすぐれた専門性を有し、時代の要請に応えられる創造力豊かな人材を育成するとした目的としています。そして国家試験を制するためとして、薬剤師国家試験対策・CBT試験対策の他に精神面のサポートも実施しています。

 

メディセレスクールの薬剤師講師の求人に注目!

 

主な仕事内容は◎全国の大学での講義、製薬企業での講義、メディセレスクールでの講義◎問題の作成、学生さんのサポートを実施し、社会で活躍する薬剤師を育成する事がミッションとなっています。初任給は280,000円(2015年度実績:講義デビュー後)で大阪、東京、名古屋、神戸、千葉、仙台が勤務地となっています。

 

諸手当に福利厚生は充実しており各種保険を始め退職金制度、慶弔見舞金制度、社員旅行、内閣府認定心理カウンセラー講座(277,770円分)の無料受講、キャリア支援制度などがあり満足できるものとしています。また研修制度では初めての講師として勤務するための教育もありますので、不安なく仕事に取り組むことができるとしています。

 

薬剤師国家試験対策予備校のファーマプロダクトで講師にチャレンジ!

 

学生への講義、質問の対応、問題作成、参考書・テキストの執筆などが仕事内容としています。6年制薬学部生の卒業見込みの方、薬剤師資格を有する者が対象となっています。東京、大阪、福岡校での採用予定地としており、基本給28万としその他諸手当、残業手当、年2回の賞与などで高い年収が期待できるとしています。会社説明や校舎見学も随時行っていますので、希望している方は早速行動に移してみてはいかがでしょうか。