60代の薬剤師再就職・復職支援向けの求人

薬剤師は歳をとっても活かせる資格として、昨今では若い人が目指す人気のある職業としています。またこれまで以上にニーズが高まっていますので、定年後とした60代からの薬剤師再就職を目指す人も少なくないようです。

 

定年を期に新しい分野に挑戦したいという向上心に溢れている方や、まだ体力には自信ありとして医療に貢献し続けたいとしている人もいるようです。そして老後の蓄えとして短い時間でのパート、アルバイトとして勤務する人もいるなか、高齢者薬剤師の再就職の理由や雇用携帯は様々としています。

 

これまでの社会経験や実績、経験は若手や中堅とした薬剤師にも、良い刺激となるとして積極的に採用を実施している企業、病院も昨今では見られるようです。しかしブランクのある方では、専門知識や技術など不安を感じ諦めていた方も多いとしています。そこで気になるのが復職支援制度が昨今では、スムーズに薬剤師の転職を可能としておりどの様なものか関心を高めている方もいることでしょう。

 

薬剤師の復職支援とは?

 

大手の調剤薬局や医療系の人材紹介サービスが主催しており、保険調剤のフロー・調剤報酬、処方箋の見方、薬歴記入(SOAP形式)、投薬・服薬指導、監査・疑義照会、PTP調剤、総合調剤、患者対応マナーなど多岐にわたり、薬学的知識・技術を習得できる教育プログラムを実施しています。

 

また大手ドラッグストアや企業によっても独自の研修体制として、ブランクのある方や未経験者のための教育システムがあり、新人とはまた違った教育を受けることができるところもあります。そのため60代の薬剤師の方でも再就職の際には不安なく安心して業務に取り組むことができるようになります。

 

高齢者薬剤師が再就職成功の秘訣!

 

  • 会社の復職支援を利用する
  •  

    会社、企業によっては定年を60歳とし、その後も希望とすれば働ける環境としているところもあります。待遇、年俸は多少、低くはなりますがこれまでと同じ職場環境で働くことができますので、今までと同様に気兼ねなく働くことができます。

     

  • 人材支援会社で復職支援プログラムに特化した職場を選ぶ
  •  

    定年後の再就職はゼロではありませんが、若い年代の求人数に比較すればはるかに少ないとしているのが現状としています。そこで一人で良い条件の就職先を見つけるには、コネや知り合いの紹介がない限り至難の業でもあるようです。薬剤師専門の転職サイトでは復職支援に特化した企業の求人も多数抱えていますので、利用することでブランクや知識、技術に不安がある方も就職することができるとしています。