55歳で薬剤師転職する方へ~おすすめ求人紹介

定年まじかとなる55歳という年齢での薬剤師転職を検討している方はそれなりの理由、諸事情があるのではないでしょうか。特に正社員として職を探すにはかなり厳しいとしています。一般のサラリーマンなら諦めて契約、派遣社員、パートとして働かざる得ない場合も多いようです。しかしまだ需要と供給の偏りがあるため人材確保したいとしている会社も薬剤師においてはみられます。

 

しかし、それでも不況が低迷している社会としていますので中小企業では業績不振により、早期退職を余技なくされるところもまだ見られるようです。そこで定年をあと5年とした55歳の方も対象となるケースもあるようです。そして女性の場合ではこれまで主婦として家庭を支えてきたもの、何らかの事情により資格を活かし働きたいとし常勤以外でもパート、アルバイトとして勤務を希望する人もいるようです。

 

実際のところ55歳薬剤師は転職できる?

 

人手不足としている調剤薬局やドラッグストアなどはねらい目でもあるようです。求人数はやはり若い年代よりもかなり狭まってしまうことは考えられますが、条件や待遇を今までよりも多少低くなることを承知して就職活動を行う必要があるようです。

 

また業種においても病院や製薬会社など新人においても難関としているところでは、難しいというのが本音でもあります。しかしコネや知り合いの紹介があれば就職することもでき、これまでの経験、実績、キャリアをアピールしチャレンジすることはできます。そこで必要とされ内定となる場合もありますので諦めることはないようです。

 

しかしせっかく転職できたもの、55歳とした年齢は上司や同僚がたいていは年下となってしまうことが考えられます。そこでプライドを捨て職場の人間関係を上手く付き合っていけるかが定年まで働くことができるかがポイントでもあるようです。仕事になれることももちろん大切ですが、その職場では新人でもありますので、自分の意見をおしつけたりせずに謙虚さと協調性は必要とし大切となっています。

 

中高年薬剤師でも条件に近い転職ができる!

 

早くに薬剤師転職≪55歳≫をしたいと考えている方は人材支援会社を利用することで、あなたの希望に近い条件を紹介してくれその中から選択することができます。専門のコンサルティングがサポートしてくれますので、就職を諦めていた人にはおすすめでもあります。自分一人で探すとなると求人数も限界としており、希望していない仕事については直ぐに辞めてしまうパターンとしていることも見られるようです。

 

そこで中高年薬剤師の転職専門としている薬キャリ、マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師などでは55歳の求人も多数抱えていますので、登録してみてはいかがでしょうか。もちろん無料としておりメリットが多々ありますので利用しない手はないようで、多くの人が満足できる就職としています。