40代後半(47歳、48歳、49歳)で薬剤師転職する方へ

一家の大黒柱として家庭を養っている男性も多く、女性では子育てから離れ資格を活かし正社員として働いている薬剤師も多く存在しています。またママ薬剤師としてパート、アルバイトとして働いている姿も見られ様々なワークスタイルとしている年代でもあります。

 

そこでそれぞれの理由、原因として薬剤師転職≪40代後半≫を検討しているなか、就職先はあるのか?未経験でも可能としているのか?不安を感じ、気になる人も多いのではないでしょうか。

 

40代後半の薬剤師転職の事情

 

  1. 定年まで働き続ける覚悟
  2.  

    60~65歳を定年としているところが多々あり早いところでは残り15年余りで引退する年齢となっています。そのため特に男性では定年退職まで働き続けられる仕事を選ぶことが大切となっています。特に正社員として希望するなら次の転職はないものと考え慎重に職場を選択したいものでもあります。年齢を重ねるごとに就職求人も減少し、希望する条件が狭まれてしまうことも予想されるようです。

     

  3. 新しい分野への挑戦は新人の気持ちをもつ
  4.  

    やりがいや達成感を求めるため未経験分野へ挑戦する人もいます。キャリアや社会人としての経験は十分なものとしていますが、これまでに経験のない分野への就職をするなら新入社員の心構えで取り組むことが大事としています。これまでの実績や経験もプラスとなることも多々ありますが、専門的知識や技術などは今後働きながら学び、能力を身につける必要があるとしています。

     

  5. 経験、スキルに期待がかかる
  6.  

    これまで薬剤師として経験のある業種に転職する場合では雇用側としては即戦力として期待が大きいとしています。そのため今までよりも高収入、高待遇とした好条件での転職も期待できるとしています。特に専門、認定薬剤師の資格や管理薬剤師、エリアマネージャーとしての経験があればなおさらとしており、病院、製薬会社、薬局、ドラッグストアなどにおいての求人も多くあり40代後半の薬剤師転職も有利に進めることも期待できるとしています。

 

薬剤師転職サイトで成功!

 

40代後半で薬剤師転職をする方へのおすすめとしては、人材支援会社に登録することとしています。若い年代では求人数も溢れるほどにありますが、年齢を重ねていくにつれ減少するのはどこの業種でも同様としています。そのため自分で納得できる条件の職場を探すには限界があるようです。

 

そこで薬剤師専門の転職サイトを利用することで、非公開情報を含め多くの求人数のなかからあなたに最適な転職先を選ぶことができるとしています。また無料の登録で専任コンサルタントがアドバイス、サポートしてくれますので、今後のキャリアプランなど相談することができ早くに満足できる就職先をゲットすることができるとしています。そしてママ薬剤師にとっても好条件としている求人も豊富にありますので期待できるとしています。