30代前半(31歳、32歳、33歳)で薬剤師転職する方へ

一般のサラリーマンの30代前半となると職場になれ、徐々に責任ある仕事を任される年代でもあります。そして上司、後輩からの板挟みとなる位置としており、精神的にも疲れストレスを抱え込む人もいるようです。また女性では結婚を考える時期としており、プライベートにも余裕を持ちたい年齢としています。

 

そこで薬剤師業界でも様々な理由として新たな職場で働きたいと考え、30代前半で薬剤師転職をする方も少なくないようです。男性においては結婚を期に高待遇、高収入に福利厚生の充実を目的として条件の良い職場を望む人もいます。また今以上に専門知識を高めたいという向上心を高める年代としていますので、研修体制や教育システムがありキャリアステップできる環境を求める人もいるようです。

 

30代の薬剤師の現状とは?

 

7割近くの資格保有者が女性としていることから30代では結婚、出産、子育てとしたライフサイクルとした目まぐるしい年代としています。そこで一旦、退職し生活や育児が落ち着いたところで復職や再就職を検討するママ薬剤師が多く存在してきます。また男性においては経験、スキルもそれなりに身につき脂ののったまだまだ成長が期待できる年代としており、独身女性においても当てはまるとしています。

 

しかし前半はともかく後半の年齢になるにつれ、転職できる業種の幅が狭まることも考えられるようです。様々な理由で転職を検討しているとしていますが、スキルアップや自身の成長を望むのであればやはり病院勤務は人気となっています。そこで病院では若い人材や新卒を好んでいますので、特に未経験では難関としていますが30代前半ではまだまだ検討する余地があるとしています。

 

そして製薬会社、企業での研究職、MRなどではこれまでの経験、実績などに期待し、中途採用での求人を積極的に実施しているところもありますので注目しておきたいとしています。またはたらく薬剤師ママの人気としているのが、調剤薬局やドラッグストアでのパートやアルバイトとした短時間、短期間として扶養控除内での勤務としています。

 

薬剤師転職≪30代前半≫で成功するには?

 

次の就職先で同じような原因でまた転職することのないように、勤務条件を明確にする必要があるようです。そしてこれからのキャリアプランをしっかりと見据え、今後の目的に合せた就職活動を行いたいものでもあります。

 

成長の希望、高待遇、高収入とした職場環境、人間関係などを理由として30代では転職を検討する人もいますので、自分に合った条件の職場を選ぶことが、今後長く続けることができる一つのポイントでもあります。そこで自分で探すには求人数も限られ選択肢も少ないとしていますので、30代前半の薬剤師転職の方におすすめなのが人材支援会社を利用することとしています。

 

薬剤師転職サイトのなかでも薬キャリ、マイナビ、リクナビは大手会社で豊富な実績と経験が多数あり、非公開求人情報も多く抱えていますのであなたにあった条件の就職先を探すことができるとしています。無料登録となっており、多くの人が利用し転職成功としていますので期待できるとしています。

 

また女性では子育て支援制度が充実しているところに注目している人も多くいるようです。そこでママ薬剤師の働きやすい条件にも対応していますのでおすすめとなっています。