老人ホームへの薬剤師転職・求人ってどうなの?

少子高齢化が進む社会情勢では介護・福祉業界の人材不足がますます深刻な問題としています。その中でも老人ホームや介護施設では薬のプロフェッショナルとしている薬剤師の需要が高まりつつあるようです。訪問介護においては薬剤師を同行して服薬指導を行っているところも増えています。

 

そこで老人ホームへの薬剤師転職を希望する人もおり、求人募集はあるのか気になる人もいるのではないでしょうか。やりがいを求めている人や資格を活かして人々の役に立ちたいとしている方には最適な職場でもあるようです。施設では命、健康にかかわるとして薬剤師としての重要な役割があるため、必要とされ使命感を持って働くことができるとしています。

 

しかし老人ホームの薬剤師求人・募集はそれ程多くあるわけではないので、探し出すのは困難な場合もあるようです。そこで薬剤師転職サイトでは介護福祉施設などに特化した求人数を多数抱えています。そのため自分の希望の条件に近い職場を探し出すこともできるとしています。

 

老人ホームの薬剤師の役割とは?

 

医師や看護師、または介護士などと連携を取りながら、入居者の疾病や体調に合わせた薬を処方します。また家族とのコミニケーションも必要とし服薬指導や薬の特性や効き目、飲み合わせや副作用などについてわかりやすい説明をおこなうこともあります。そして疾患や健康の悩みなどにも直接相談に乗ることもあり、高齢者にとっても安心して生活を送ることができるとしています。

 

そして薬を服用している入居者がほとんどとしていることから、薬剤師会と老人ホームが業務委託を結んでいるところもあり薬剤師が常駐している施設も今後更に増えることが予想されるようです。入居する高齢者が老人ホームにおいて、これからの余生を健康に安心して暮らすことができるようサポートしていくのも薬剤師の大事な役割でもあるようです。

 

正社員、パート薬剤師で老人ホーム勤務は可能?

 

老人ホームでは医師や看護師が毎日必ず夜勤を行っており常駐していますが、薬剤師においては夜勤の必要性はないようです。そこで正社員の他に派遣、契約社員として勤務する人もいますが、パートとしてシフトを組んで働くというスタイルが多いようです。ですのでママ薬剤師が活躍できる場でもあり、ブランクがある方でも短時間、短期間とした働き方も可能としています。