皮膚科薬剤師求人の給料・年収ってどうなの?

多く存在する診療科目のなかでも皮膚科は、小さなこどもから高齢者まで幅広い年齢層が訪れるところでもあります。また外用薬が主としていることから業務内容は比較的、難易度が低いともいわれており、希望する人も多いとしています。

 

そこで皮膚科薬剤師のの給料・年収ってどうなの?気になる方も多いのではないでしょうか。現在の職場の待遇や給料に不満のある方や違う分野での仕事に関心がある方など理由は様々で転職を検討している方も多くいるようです。

 

調剤薬局の平均年収は300万~600万としており、皮膚科薬剤師もその範囲に当てはまるとしています。また地方や都市部など地域によってはかなりの差があり異なるとしています。そして病院内での勤務では多少低くなることも考えられますが、チーム医療に参加することで専門知識を高めることができるとしています。

 

皮膚科薬剤師が活躍できるフィールド

  • 門前薬局≪皮膚科≫
  •  

    求人数も多く比較的に転職しやすくなっています。そして1日の処方箋数が20~30枚としているところが多く、科目も単一科目としていますので総合科目を応需する薬局に比べると仕事の忙しさは軽いとしています。そのためスキルアップや専門知識を高めたい方には少し不向きとしているかもしれません。しかし人気のある科目でもあるとして特にブランクのある方やママ薬剤師の方が活躍することができる職場でもあるようです。

     

  • 美容整形外科・クリニック
  •  

    レーザー治療などのアフターケアや症状改善のサポートとして薬の役割も大きいものとしています。また美容外科で処方する薬の多くは、ビタミン剤ホルモン剤、軟膏や美容成分のあるサプリメントなどとしています。そのため看護師が薬剤師の役割を補っているところもありますが、昨今では美容と薬学知識は密接に関わっているとして必要とされているのも現状としています。

     

  • 病棟薬剤師
  •  

    褥瘡対策チームとして医師、看護師、他医療従事者と共に薬剤師も参画し、褥瘡外来と入院中の褥瘡保有者に対して褥瘡予防ケア・治療ケアが提供できるように活動しています。いかに患者さんの床ずれを防止することができるのか、また早くに治すための最善策や改善策を検討するチームとなっています。ドレッシング材傷を保護するためのガーゼや包帯、皮膚外用剤薬の適正な使用が求められます。

 

そこで皮膚科薬剤師の求人・募集をお探しなら薬剤師転職サイトに登録することで、希望の給料、年収、待遇などの条件にあった職場を見つけることができるとしています。無料となっており、利用することで納得できる就職ができるとしておすすめとなっています。