小児科の薬剤師求人・募集ってどうなの?

幅広い職種のなかで薬剤師の資格を活かし、様々な働き方において最終的には医療従事とした仕事となっています。そのため患者さんや地域の方、病気で苦しんでいる方など直接関わるとして、また間接として医療に貢献できるとしてやりがいのある仕事でもあります。

 

そこで小児科薬剤師への就職、転職を希望する人も少なくないようです。子どもを相手としますが、実際には親御さんとの会話は不可欠となっています。そこで育児を経験したママ薬剤師が活躍している職場でもあるようです。お子さんやお母さんの気持ちが十分理解できるのも強みでもあるようです。

 

小児科薬剤師の役割とは?

 

小児科クリニックの門前薬局と病棟薬剤師≪小児科≫に分けられ、どちらともお子さんそして保護者の方への服薬指導が重要としています。特に小さなお子さんでは本人の口から現在の状況や症状など詳しく伝えられない場合も、年齢が小さなうちは多く見られます。そこで親御さんから細かい詳細を聞くことも小児科薬剤師の役割となっています。

 

またクスリの苦手なお子さんのアドバイスや飲み方、保管の仕方、注意点など詳しく、わかりやすく説明することが必要で、コミニケーション力も大切なスキルとなっているようです。子どもの目線にたった親身で丁寧な対応が求められるとしています。

 

そして薬においてももちろん大人と同様に調剤を慎重に行うことが求められます。小児の場合では特有の薬剤を投薬する場合であったり、成人用で同じ名前の薬剤があったとしても、小児用として分けられますので薬剤の管理は重要となっています。

 

小児薬物療法認定薬剤師で更にスキルアップ!

 

まずは薬局または病院・診療所での実務経験が3年以上あり、現在も勤務している薬剤師には研修会受講資格が与えられます。またe-ラーニング形式の研修を全40時間程度を実施して試験に合格する必要があります。そして1日の小児関連実務研修を修了していることを条件として認定されます。

 

それは日本小児臨床薬理学会と日本薬剤師研修センターが平成24年度から創設されたものでもあります。◎医薬品に関わる専門的立場から、医療チームの一員として小児科領域の薬物治療に参画すること◎患児とその保護者および学童に対して、医薬品に関する指導や助言、教育を行うことを目的としています。

 

そこで門前薬局や病院では小児科薬剤師の求人・募集では認定薬剤師としての資格があることで、高待遇で有利に就職することができるとしています。しかし働きながら資格を取る必要がありますので、小児科薬剤師を極めたいとするなら、就職、転職の際には人材支援会社を利用することをおすすめします。小児科に特化した求人数が豊富に抱えていますので、条件や待遇などあなたにあった職場を選ぶことができるとしています。