20代中盤~後半で薬剤師転職する方へ

どんな職業においても若くして転職をする人がいますが、薬剤師は特に求人数が多くすぐに再就職しやすいため転職者が多い業種でもあります。また今もなお人手不足としている薬局やドラッグストアなどでは、薬剤師の求人・募集を実施しているところが多々みられます。

 

高齢化が進む社会情勢では薬剤師のニーズは高まり、需要が供給に追いつかないとして高収入や高時給として人材確保に努めているところも少なくないようです。そこで20代にして薬剤師転職を検討している人も多いようです。現在の職場の待遇や給料、人間関係など不満を感じている人も少なくないようです。

 

同じ同期で自分よりもはるかに高い給与としていれば、誰もが羨ましく恨めしく思うものでもあります。そして先輩や上司からのいじめなどとした問題はどこでも見られ、薬剤師業界においても見られるようです。また休暇が取りにくい、残業が多い、プライベートの時間がないなど職場環境に不満を抱き退職を考える人もいます。

 

その他の理由としてスキルの問題があげられるようです。現在の仕事で今以上に能力アップすることが期待できない、研修体制が不足としており満足できるキャリアステップする環境ではないとしてキャリアプランを考え20代の薬剤師の転職理由としている人もいます。

 

若い薬剤師の転職の強みとは?

 

  • 業種を幅広く選択することができる
  • 若さを武器とし体力に今後の成長の伸びしろが期待できる
  • 雇用側からすれば人件費を比較的安く抑えることができる

 

20代の薬剤師転職で人気なところは?

 

上記でも申しましたが年齢が若いとしているほど、働く職種が多く選択視の幅がひろがるとしています。また求人数も多くありますので自分の希望した条件の転職先を早くに見つけることができるとしています。そこで20代の薬剤師でスキル、専門知識を高めたいとしている方は大学病院や総合病院など教育制度が充実しているところが人気となっています。

 

薬剤師の平均年収では病院はそれほど高くはありませんが、今後更に活躍の場を広げたいと考えている人にはおすすめとなっています。様々な業務に取り組むことで学べることが多々あり、専門、認定薬剤師の取得も期待できるとし、他での仕事を検討した際には今以上の好条件で転職することが可能としています。

 

また狭き門としている製薬会社では大手となるほどに高収入、高待遇が期待され、実力次第ではキャリアステップすることができやりがいを感じることができるとしてチャレンジする人も多いようです。

 

いずれにしろ薬剤師の転職≪20代≫をする方へおすすめとするのは、人材支援会社を利用することとしています。薬剤師専門のコンサルティングが条件に合った職場探しから最終的に就職するまで、無料でサポート、アドバイスをしてくれます。特に初めてという方では不安もあると思いますので心強い、頼りになる存在となるようです。今回の転職理由をしっかりと頭のすみにおき、次回は失敗することのないように満足できる就職をしたいものでもあります。